パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon
1974年から1980年に『週間少年チャンピオン』で連載されていた山上たつひこ作の漫画作品『がきデカ』はその生理的刺激を誘う描写と感覚に訴えかけるギャグによって、当時の読者からの絶大な反響を呼び、全26巻の単行本は数多く売れたという。しかし、現在我々は『がきデカ』を見たいと思っても容易に目にする機会はほとんどないように思える。26巻も発売されながらもチャンピオンコミックス単行本を古書店であまり見ない。近年になって選り抜き形式の、ベスト盤とでもいうような"傑作選"がマンガ文庫や「コンビニマンガ」で見られたが、それもすぐに姿を消して、増刷もされていない。ギャグが過激であり、時事ネタの導入が多かった事もあるだろうが、他の人気マンガ作品と同じように、目にした者に少なからず影響を与えたであろうことから考えても、見たいときに目にできるような環境を作っていただきたいものである。
さて、『がきデカ』には、葡萄畑によるイメージ曲が作品連載当時に作られている。「がきデカ恐怖のこまわり君」は、洋楽ロックを取り入れながらも、マンガ作品のもつ、価値観破壊色の強い作風が音楽に変換されていて、『がきデカ』のマンガを知る者にとっては、思わずノリに乗って口ずさみたくなるような曲である。シングル版B面の『スジ子のブルース』も、『がきデカ』のノリを引き継いだような感じで、歌詞と曲の織り成す不条理性を、A面から流れるように展開させて、飽きの来ないレコードとなっている。(CD『ニューロックの夜明けポリドール編・自由に歩いて愛して』に収録。現在入手は難しいか)また、葡萄畑のアルバム『スロー・モーション』には「恐怖のこまわり君」の別バージョンが収録されているが、アングラ歌謡特有の早回が使われた歌唱と、アルバムバージョンの後半部をカットした構成は、マンガ作品のもつ不条理性のイメージを音楽で表現したもののように思われて面白い。
『がきデカ』は、'89年に突如思い出したかのようにアニメーション作品化され、TVシリーズとOVAの両方(別企画で始まる)発表された。ビデオレンタルが普及しだした時期であったものの、OVAは注目を集めなかったらしく、TVシリーズ(フジテレビ系列で放送)は『ハイスクール奇面組』、『ついでにとんちんかん』といったジャンプ系作品を、時勢の要求に沿った、洗練された感覚でアニメ化していた時間帯で放送したため、『がきデカ』に登場するヒロイン達を前面に立てた構成になっていた。そのことが、時代の空気にずれを生じ、どこか違和感を感じてしまう雰囲気を持っていたのであろうか、TVアニメ版は原作のイメージを忠実に再現していたにもかかわらずマンガ同様の大ヒットとはならなかった(OVA版も同様か)。ギャグ系作品は作品の人気が上昇している時期にあわせてメディアミックス展開させることが各メディアでの人気拡大にとって重要であることを、これは示していたのであろうか。アニメ版と連動する形で、チャンピオン誌上に『がきデカ』の新作が月一回の形式で全12回が掲載された。それは、漫画家としての、山上たつひこ自身の締めくくりの場でもあった。(*)'89年の、このアニメ化は、原作者の山上たつひこに最後のマンガ製作の活動を人々に示すための機会を提供していたともいえるであろう。


*:但馬オサム「作者引退のために描かれた『がきデカ』新作の味わい深い終わり方」参照、
『こんなマンガがあったのか!』所収1999年11月、メディアファクトリー
[PR]
# by konlon | 2005-11-28 01:57 | マンガ
前回の記事で、野菜嫌いに関係することを述べてみたが、もし子供がこんな質問、意見を言えばどう応えるか?

1:ライオンなどの肉食獣は野菜を食べていませんが健康です。それはなぜですか?ライオンさんがうらやましいです。
2:北極圏に住むイヌイットはどうして元気なのですか。あそこは寒冷地で、野菜ができない土地だと思います。野菜を食べないのになぜ健康でいられるのですか。

難しいかもしれない(笑)が私はこう答えるだろう。

1:ライオンやトラなどの肉食動物は、自分の体内でビタミンを作ることができます。そのため健康でいられるのです。残念ですが雑食性の人間(霊長類)は自分でビタミン類を作れません。食物摂取しか方法がありません。あなたはライオンではないのだから無いものねだりはやめましょう。野菜を好きになるよう務めなさい。
2:イヌイットはトナカイやアザラシなどの動物の肉を食べますが、火を通して煮たり焼いたりはしません、全て生で食べます。生肉にはビタミン類が含まれており、煮たり焼いたりするとビタミンなどが壊れてしまうので、生で食べるのです。また、彼らは野菜や果物がとれる地域の人たちと交易しており、外部から来た人の持ってきた野菜や果物類を、イヌイットたちがとった肉類と交換しています。こうしてイヌイット達は生活に必要なビタミン類を補給しているのです。あなたは彼らとは違う地域に住む人間です。あなたたちはここで生まれここで育ったのです。この地の環境に即した生活を送っているのです。自分達の住む地域を大切に思い、そこの身近な食習慣を大事に守なさい。今あなたは彼らのように生肉を毎日食べられますか?

と答えるだろう。ある程度的確かもしれないと思うのだが。だがこれでは味覚パターン改善の問題には対応していないけれど。
肉が好きで野菜が嫌いな子に
「野菜がイヤなら肉だけ食べていてもよろしい。でも北極圏のイヌイットたちがやっているように全部生で食べなさい。彼らはこのようにして野菜の代わりにビタミンなどを補給しているのですから」
と言って生肉を彼(女)の眼前に置いてみたらどうだろうか。きっと子供たちは野菜のほうがマシだよ、と言って多少まずくても野菜を食べる気になるであろう。一種のショック療法として効果はいかほどのものか。

それはさておいてここでお知らせ、10/30(日曜なので実質は31日だが)発売の、竹書房刊『あにまるパラダイス』最新号に須藤真澄先生の「ゆずとまま」最終エピソードが掲載される。先生の飼い猫・「ゆず」の最期を詳細に描いた「長い長いさんぽ」の感動から数ヶ月、形を変えて見守り続ける"愛するもの"と新たに迎える"愛するもの"とが展開するであろう、今号の内容からは、一つの「物語」の終わりと新たな「物語」の始まりを予感させ、読者の心を大いに震わせることになるであろう。これぞ「ゆずファイナル」だろう。心震える瞬間をこの胸に。
[PR]
# by konlon | 2005-10-31 01:15
先日NHKで放送の『難問解決!ご近所の底力』で子供の食生活についての問題が取り上げられていた。食生活の乱れとして、駄菓子どんぶりやマヨネーズがけといった変わり種(?)メニューが問題になっていたが、その中でも"野菜が全く食べられない"という問題は、今の世代特有の問題ではなく、過去の世代にも若干いたのかもしれない。番組では、山梨県塩山市の管理栄養士が考案したという「手ばかり」が紹介されていた。食物をタンパク質、炭水化物、ビタミンその他三つに分けて、手のひらにのせた量で摂取量を決めるというものであり、それを効果的に子供たちに教えるためにそれぞれを赤、黄、緑のキャラクターに設定し、それを栄養士などの人たちが演じるのである。ビタミンその他を象徴するキャラは緑でもちろん野菜のイメージだ。子供に"緑"と親しんで野菜嫌いを解消させようとする試みでなかなか興味深いが、この"動機付け"のためのアピールはあくまで視覚的でしかないと思う。「野菜は美味しい」という観念を、白紙に近く、頭脳の柔軟子供の意識に植えつけるには充分効果的であろうが、何らかの原因で思いこみが強化されたり、過去に不愉快な経験を(意識の有無に関わりなく)してしまったために野菜嫌いとなった場合には効果が薄いであろう(番組でもそのようなことが指摘されていたが)。そうした場合には、「○○(野菜の種類)は不味い」という観念が体に定着されてしまい、口の中自体が拒絶反応を示すという。"嫌いな"ものを食しようとした時、その味覚が認識され、のどを通さず本能的に排除してしまうのだ。こうなるとかなりやっかいなものとなる。この件に対しての対策は、観念が体に定着した後では、矯正はかなり厳しくなると予想されるため、幼少期に不愉快な経験をさせないようにして、誤った観念をうえつけないようにするなどの、"予防的"な対策しか有効でないように見える。番組には小学校6年から中学生の"野菜嫌い"が出場していたが、半ば克服が難しくなっているものに対しての方策が番組内で取り上げられることはなかった。そのようなことで、先日の番組であつかった野菜嫌い解消法には、多少の疑問と不満を感じる。
[PR]
# by konlon | 2005-10-28 17:15

無題

ヒロシです。赤紙でも届いてくれたらちょっとは嬉かとです…。

某求人誌のTVCMが元。
平和とは何か、社会とは何か、正しいことは各々の中にあるのだろうか。
[PR]
# by konlon | 2005-10-26 17:02