パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

カテゴリ:アニメーション( 6 )

蘇った”まんが映画”!?

ベサメムーチョ作、舛成孝二監督の劇場オリジナル・アニメーション『宇宙ショーへようこそ』が2010年6月26日に公開され、話題を呼んでいる。2008年1月にアニメ雑誌において、当時『ザ・宇宙ショー』の仮タイトルで製作中だった本作品の存在が発表されて以来、ベサメムーチョや舛成監督のファンをはじめ、その田舎路線風のイメージイラストから興味を抱いたアニメファンたちにとって、一日千秋の思いで公開を待ち望んでいた事であろう。公開前の『宇宙ショー』が、『ザ・宇宙ショー』の仮タイトルで紹介されていた間は、数点のイメージイラスト以外は、ストーリーや登場キャラクター等の詳細事項はほとんど不明で、この機密保持体制(?)に、製作サイドの作品への拘りを、アニメ映画ファン達は感じ取り、完成作品はきっと”すばらしい”ものとなるであろうと、期待と興奮に胸を躍らせていた。公開が近づくにつれ、webサイトやCSでの特番などの宣伝活動が活発になり、作品関係者の感想や、物語や作品映像の一部が紹介されるにつれ、その期待と興奮は最高潮に上り詰め、一般公開を迎えることとなった。
公開された完成版『宇宙ショー』は、それを目にした多くの人々がその映像と物語に魅了されたらしいことがweb上でも報ぜられ、製作発表時の時めきと予感が確かであったことが伝えられてきた。日本の地方農村から大銀河宇宙へと続く、魅惑の映像世界はやっぱり”すばらしい”作品だったと再認識させられるものであった。田舎の小学校に通う5人の少年少女が、異星人に出会ったことから始まる宇宙規模の異界交流譚を、『宇宙ショー』は懐かしさと新鮮さを交えたビジュアルで描き、個性豊かな異星人達との出会いと別れを通じた、少年少女達の心の成長物語を奇想天外なストーリーに乗せて展開された。主人公達の住む土地の産物と宇宙最大級の海賊エンターテインメントショーを鍵に、宇宙の古代遺産をめぐる闘いまでに拡大発展していくストーリー展開の中で、等身大の少年少女達が自然体で活躍する姿に思わず引き込まれ、約2時間16分の”宇宙修学旅行”体験をしているかのような感覚を憶えるのであった。
御伽噺を思わせる、宇宙都市や惑星のシュールな光景に、子どもの描いた想像画がリアルな生物にクリンナップされたかような、ポップ感あふれる容姿をした異星人や異界生物、生体機械(?)等が跋扈する宇宙は、近年のアニメ・マンガが描く、科学的考証の積み重ねで構築された、リアリティ重視の宇宙設定がスタンダードとされる傾向にあって、新鮮さと懐かしさに満ちた、想像力の自由さというものを観客達に現前させたかのような印象に思われる。御伽噺的要素を備えたビジュアルという点では、『宇宙ショー』は、「東映まんがまつり」(註)枠内で上映された『ガリバーの宇宙旅行』や『空飛ぶゆうれい船』、『海底3万マイル』等の、「カラー長編まんが」を想起させる。アニメーション映画が”まんが映画”と呼ばれていた、'60年代から'70年代始めに東映動画が「カラー長編まんが」として製作した、アニメ映画が持っていたキャラクター描写やその動き、ストーリーの展開と場面転換といった構成要素が直線的に進化した先の、'00年代の姿を、『宇宙ショー』から見受けられるような印象であった。「東映まんがまつり」の長編作品は、'70年代に入ると名作童話路線に移行し、オリジナル性は影を潜め、'80年代以降は『少年ジャンプ』系マンガ原作作品がメインとなって、'90年代末までには消え去ったようである。片渕須直監督作『マイマイ新子と千年の魔法』('09年)が、東映の名作童話路線や東映動画スタッフが移籍した東京ムービー新社や日本アニメーション製作の、「名作劇場」等のTVシリーズ系へ分岐した”まんが映画”の進化形態とするならば、『宇宙ショー』は、東映動画オリジナル「カラー長編まんが」系のDNAを濃く伝えた”まんが映画”の進化形態なのかもしれないと考えられないだろうか。『宇宙ショー』の作品イメージの中に、初期の東映動画製”まんが映画”との近親性が強く感じられる点からみて、もし、東映動画の劇場用オリジナル長編が、スーパーロボットや変身ヒーロー、ジャンプ系の影響を受けずに、そのまま進化発展していったとするならば、『宇宙ショー』のような作品は、遅くとも'00年前後の間に完成・公開されていた可能性が考えられそうな気がする。
'60年代の”まんが映画”・東映オリジナル長編アニメは、リアルタイムで観られず、”あのとき”の雰囲気を感じられなかった者でも、『宇宙ショー』を通じて、当時の”まんが映画”から伝わる映像イメージと「凄かった」感をなんとなく想像させられ、かつての「東映まんがまつり」で味わったであろうワクワクとトキメキまでも疑似体験できるのかもしれない。『宇宙ショー』は、まさに、原作に由来しない映画用オリジナルストーリーの”まんが映画”が、ゼロ年代末に蘇った作品といえるかもしれない。
公開から半月以上が経過したが、『宇宙ショー』でようやく当時の「東映まんがまつり」鑑賞者が感じたであろう心境とシンクロできた、という思いがじわじわと込み上げてくるような感覚を覚えるのである。

『 宇宙ショーへようこそ』よ、'10年の夏は、本家ですらもう見られなくなった「東映まんがまつり」の興奮と感動を、もう一度子ども達とかつての子ども達の前に!
現在上映館は大都市中心ですが、家族向け娯楽としての”まんが映画”の正統後継者といえるかもしれない『宇宙ショー』こそ、地方の中小映画館で上映され、地元の”よい子”やかつての”よい子”たちの目に触れる機会がなくてはならないと思っている。
『マイマイ新子』が川越や高知など、地方の劇場で上映され続けているが、同様に『宇宙ショー』の地方中小館上映も実現して欲しいと願っている。地方ローカルで『宇宙ショー』が上映された時には、スナック菓子の香りが感動と共に館内を満たすだろうことを密かに想像しつつ…。

註:
「東映まんがまつり」のプログラム呼称が定着したのは、’69年の『長靴をはいた猫』以降で、それ以前は、「まんが大行進」、「東映こどもまつり」、「東映ちびっこまつり」の呼称が用いられていた。

追記:
『宇宙ショー』劇場公開と同時に、メディアファクトリー刊『電撃大王』にて、小野敏洋作のマンガ版の連載が開始されました。『電脳コイル』では少女マンガ視点からのアプローチが試みられていましたが、今回の『宇宙ショー』では、少年マンガの視点と手法によるアプローチを通じて、アニメ本編の魅惑の世界とキャラクター達が、マンガの画面に如何様に転写されるか大いに期待されます。

『宇宙ショー』の第一主役である「ナツキ」が、ヒーローもののファンだった設定も、「東映まんがまつり」という点で若干リンクするかな?とも邪推しています。「まんがまつり」は、ヒーローものも意識したプログラムだったということもありますので。
[PR]
by konlon | 2010-07-18 23:18 | アニメーション

anotherマイコー

故マイケル・ジャクソン最後のステージリハーサルのドキュメンタリー・『This is it』のDVDが2月半ばに発売され、活発な宣伝とともに好調なセールスを見せているそうである。ところで、「マイコー」といえばマイマイ新子、略して「マイ子ー」。昨年11月に短期公開された、片渕須直監督作品の劇場用アニメーション作品・『マイマイ新子と千年の魔法』が思い出される。髙樹のぶ子の小説原作で、1950年代の山口県を舞台に少女の日常を描いた作品だが、1000年前の光景を主人公が想像しながら現実と向き合う姿が描写されている。『THIS IS IT』とは違い、一見地味ながら濃密で魅力豊かな内容から、根強いファンが続出しているらしい。故に、『THIS IS IT』同様上映延長/再上映する映画館が現われた。そして、後はDVDなどのソフト化が待っている、段階に入りつつあるのだが、ここでなにやら怪しい雲行きになっているようである。情報筋によると、ソフト化が危ういらしいと片渕監督あたりから発せられているという。詳しくは解らないが、片渕監督が日本海軍機の研究を行っていて、学研の戦記本などに寄稿していることと関係があるのでは、と考えてみたくなる。また、15年前の劇場用アニメ映画で、木根尚登原作、佐藤順一監督の『ユンカース・カム・ヒア』の状況と類似しているのでないかと思われるのである。『ユンカース』も文部大臣推薦だったかお墨付きをいただきながら、NHK-BSでのTV初放送はかなり時間を要し、ソフト化は2000年代まで持ち越されたことが思い浮かばれる。『ユンカース』は、『マイマイ』よりも宣伝が控えめの印象で、上映館も少なく、ひっそり上映されたのだが、巡廻形式での上映方針だったように考えられる。あまり詳しくは解らないがこれが大きく関わっていたのではないかと思われるのである。木根尚登原作、出演という話題性やマンガ化等メディアミックスも試みられていた所から見て、『ユンカース』ソフト化遅延の要因は、版権など、原作者に由来するものとは思われ難い。『マイマイ』も巡廻方針が予定され、それがソフト化を阻む要因となっている可能性も考えられる。『マイマイ』の場合、特に問題となるような描写はみられず、ファンの評価もそんなに低くないのだから、インターネットなど『ユンカース』の時よりも情報伝達手段の発達している現在、署名や要望などファンたちの働きかけが比較的容易な状況下、ソフト化などについて『ユンカース』よりはやや好転するかも、という気がするのだが、アニメ映画をめぐる、保守的な空気がそこから垣間見られるように思われる。
それより最も憂慮すべきは、このようなソフト化に対しての困難的状況が、動画サイト上での映像流出や海賊版を横行させる土壌になるのではないかということであろう。未ソフト化に付け込んだ流出映像や海賊版の出現が、闇市場を形成し、製作者や真摯に作品をリスペクトするファンたちや純粋に作品を味わいたい人々の中に影を落とすことで、作品に不当な評価が付き、泥を塗るような事態を引き起こす可能性を孕んでいる事をよく意識していかねばならないと考えるのである。海賊版の登場により、ソフト化に拍車がかかった、ということになれば、結果的に作品を脅迫してソフト化を勝ち取ったという風に受け取られ、作品やファンにとっても非常に不名誉だといわなければならない。作品を傷物にし、封印という流れを回避するためにも、作品が好きになった者一人一人が、自分自身にとって可能な範囲で、あくまで正当な手段で主張し続ける事を、良く考えて行動すべきであろう。

参考(*URL頭のhは省略):
廣田恵介氏『550 miles to the Future』内記事・「2月のメモ「DVD化」」(2010年2月25日、ttp://mega80s.txt-nifty.com/meganikki/2010/02/post-f1fc-12.html )署名は28日までで終了。

『たのみこむ』(ttp://www.tanomi.com/)でのリクエストも、現状ではかなり影響力を持っているようなので、有効な方法かもしれない。

(*10,04,27追記:『マイマイ』の上映館増加の他、DVDソフト化が決定したようです。これほど早期の実現に至ったこと誠に驚きとともに作品を愛し、リスペクトしていただいたファンの皆様による情熱の成果だと思います。)
[PR]
by konlon | 2010-02-26 08:30 | アニメーション
 以下の文章は、前回同様、電脳技術ライターの大津丈滋による、幼年向け電脳メガネに関する記事である。内容は、個人情報保護の範囲内でメガマス社開発・生産のIF009(P)に関する状況をまとめてみたものである。
  (磯光雄原作『電脳コイル』より。この文章ははすべてフィクションです。)

続きはこちら
[PR]
by konlon | 2008-06-08 19:15 | アニメーション
 電脳技術ライターをやっている大津丈滋だ。ある日、僕の友人Mがくれた電脳メガネは、幼年向けメガネの先行量産モデルであった。このモデルの実態を確かめるため、M君と金沢・大黒市へ取材に行った。取材の結果、実に貴重な情報を得ることができ、実りある収穫であった。
 以下の記事は、僕が入手した資料をもとにして書いた、幼年向け電脳メガネに関する記事である。拙文であるがどうぞご覧頂きたい。
(磯光雄原作『電脳コイル』より。以下の文はすべてフィクションです。)

続きはこちら
[PR]
by konlon | 2008-05-24 23:19 | アニメーション
前回『電脳コイル』についての雑感記事をUPしましたが、『コイル』の魅力豊かな世界というものを私なりに伝えてみたいと思い、オリジナルキャラを使った、ドキュメンタリー形式の創作物を発表してみることにします。どうぞご覧ください。

 ○~プレゼントのルーツを追って~
 僕の名は大津丈滋(おおつ じょうじ)、電脳技術の分野に関する雑誌などでライターをやっている者だ。少し前のオフの時に、偶然入ってきたネタについて個人的に調査してみたので、この場を借りてお伝えしよう。ふとしたことから僕が手にした、一つの電脳メガネ。そこから始まった追跡の成果を、皆さんにご紹介したいと思う。しばしの間お付き合いいただいてほしい。

 事の始まりは数ヶ月前、友人のM君が僕のところにやって来た時からだ。彼は僕から幾ばくか借金していたのだが、とても返済できないような状況になっていたので、これで勘弁してほしいと小さな黒っぽい箱を僕の前に差し出した。箱の中身を見ると、内容は幼児用の電脳メガネセット一式であった。どういうことだと僕が尋ねると、
「お前のメガネにつないで映像を見てみろ」
とMが言う。そこで、箱から出したメガネをIRセンサで僕のメガネとつないでみると、メーカーロゴの後に、幼児用の設定画面ディスプレイが表示された。明るい画面に猫と少女の素敵なキャラクターがお出迎えしてくれる。毒のない、いかにも幼年向け、といった可愛らしいナビゲーションキャラクターだ。キャラクターにどこか見覚えがあるので、画面の隅々をよく見ると、作者表示にファンタジーマンガ作家の「工藤真弓」の名前が見える。あまりにも意外なアイテムであったので、一体これは、とM君に尋ねるとM君は、
「驚くと思ったぜジョージ、結構レアな工藤グッズだろ」
と答える。確かに工藤真弓のレアなキャラグッズだ。僕が工藤真弓のファンであることを知っていて、お宝アイテムを選んだのであろう。僕もこんなところに工藤キャラに出会えるとは夢にも思わなかった。

続きはこちら
[PR]
by konlon | 2008-05-19 01:45 | アニメーション

TVアニメ『電脳コイル』

アニメTVシリーズ『電脳コイル』 
 電脳世界メモ

    ●kongdra(空・ドラ)

(『きなこ餅コミック』企画・5/16コイルの日『電脳コイル・愛』参加作品)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 無気力になりがちな日常に程よい刺激を与えてくれるものを見たい、何か不思議な感じのする世界が見たい、と僕らが思ったとき、”それ”は驚くべきビジュアルイメージで僕の視覚に伝わってきた。磯光雄原作/監督のTVアニメーションシリーズ『電脳コイル』。メガネ型の小型コンピュータが普及し、子供もそれを身に着けて遊ぶようになった時代が舞台であった。そこには、日常とハイテクがあたりまえのように、自然に混ざり合った空間が、生活圏としての町中でごく普通に見られる世界が広がっていた。このような空間に棲息するかのように存在する「サッチー」や「電脳ペット」をはじめとする、CG時代の申し子のような”電脳”キャラクターたちの姿は、コンピュータが生活の中に浸透してきた現実世界を生きる僕たちの前に現前した新時代の妖怪であった。『電脳コイル』では、二人の少女「ヤサコ」と「イサコ」を中心に、人間世界と”電脳”技術との狭間に揺れ動く人々の姿が不気味な都市伝説を絡めて描かれた。そして、メガネに隠された謎の機能「イマーゴ」と謎の現象「電脳コイル」をめぐり物語は急展開で進行していく。そして、少女たちは自分の進むべき道を歩みだす。”痛み”を感じる方向へ向かって…。コンピュータやデジタルといったIT技術を路地裏や鳥居、夕焼けの町などの、懐古的イメージ漂う日常の景色に取り込んで描かれた『電脳コイル』は、電子科学と人間の心が交錯した、迫真のドラマを作品上で展開させ、新たなる伝奇ファンタジーの誕生を告げたのであった。2007年5月から12月まで、毎週土曜の6:30はNHK教育テレビで、僕たちは濃密な魅惑の世界を目撃することとなった。番組の視聴中は25分の放映時間が何倍にも感じられるような感覚を覚え、僕たちは、謎めいた次回予告のBGMが終るまで、大国市の住人と一体化していた。こうして、TVの画面が電脳メガネであるかのごとく、この半年間僕たちの”電脳体”は土曜の夕方には僕たちの肉体を離れて『電脳コイル』の世界へとアクセスするのであった…
 

続きはこちら
[PR]
by konlon | 2008-05-18 15:57 | アニメーション