パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

天国島より

 須藤真澄先生の最新刊・『庭先案内』第三巻と『どんぐりくん』四巻がいよいよこの10月最終週に発売されます。新刊発売記念として、須藤先生の初期ファンタジー短編集を紹介してきましたが、今回は『観光王国』、『子午線を歩く人』に続く初期短編集三部作の最後を飾る『天国島より』の紹介です。夢の世界に隠された、現実世界で生きる意味というものを読者にさりげなく示しているような、須藤先生の描く日常世界に一瞬入り込む幻想世界の姿が確立していく様子が初期のシリーズ終盤に位置するこの作品集から伺われるようで、興味深いです。
************************************************************************************************************

 『天国島より』 ―永遠の時間―  by空ドラ

 『天国島より』は、1989年終わりから1991年初めにかけて『コミックボックス』などの雑誌に掲載されていた須藤真澄の短編作品をまとめた作品集で、『観光王国』(89年初版)、『子午線を歩く人』(90年初版)に続く短編集第三弾に当たる。特徴の一つとして、全二冊に比べて、後半には須藤の飼い猫である「ゆず」との生活をつづったマンガ作品が収録されており、後の『ゆず』シリーズ(93年以降)に代表される須藤流猫マンガの原型がそこに見られる点で興味深い作品集でもある。

○MUSEUM
 フルカラーの口絵。「天国島より」/「天国のつづき」の主人公、小桃(シャオタオ)が町で不思議な見世物を見る。それは万華鏡であった。フルカラーで万華鏡のイメージを色彩豊かに描き出されている。

○「天国島より」/「天国のつづき」
90年と91年にマンガ情報誌『コミックボックス』で発表された短編で、中国風デザインのキャラクターが登場するファンタジー作品である。主人公の小桃(シャオタオ)は、永遠の時を生きる人間と竜の住む島に住む少女で、15歳を迎えた時に「儀式」によって永遠の生命を得る予定であった。だが、姉に付き添って島で作った薬を島外の市場に卸しに行った時、町に心を惹かれ、市場で生活しようと決心した。小桃は限りある時間の枠にある、市場の人々が生き生きしていたことに驚嘆し、市場で暮らすことを決めたのである。限られた時間の中で命の密度を濃くできるのではないかと言う竜の言葉に共感した小桃は、時間の枠の中から大切に思う気持ちが天国であると思わしめた。そして、続編「天国のつづき」では、永遠の命をめぐる、島の住人と島外の人々との関係が描かれている。「つづき」では、人間は限りある時間の枠を、血族や大切に思う人たちとのつながりの中で重ねあって永遠の時間を紡ぎだしている事が主張されている。作者の感性が生かされた中国風デザインは東洋の神秘性にソフト感の加わった作品イメージを演出し、スクリーントーンに雲の形を切り抜いた空の表現は、"吸い込まれるような"空の広大さを感じさせ、作品の主題である「永遠というもの」を引き立てており、美麗で味わい深い作品となっている。

○「POSITIVE VIBRATION」
みずはとミカゲの双子の姉妹が主役で、お互い好きだと思う心を、みずはの「守る」行動と、ミカゲの「応援する」行動によって感じる「波」を、聴覚(ミカゲの応援を聴きながら行動)と視覚(みずはを見守り声をかける)で表現しており、姉妹の絆を耳と目のイメージで象徴した作品である。また、この姉妹の間で交わされる上方漫才を髣髴とさせる会話のやり取りは、後の『庭先案内』に登場する”関西姉妹”の原型がみられる様で興味深い。

○「コーヒー・カンタータ」
コーヒーをモチーフにして、人の一生と転生、夢の世界と現実世界との相互関係を描いている。コーヒーが好きだという須藤の感性が、画面の中からコーヒーの香りのように読者に伝わってくるようで面白い。

○「KNOCK!」
子供たちの間で死んだ生き物の「お墓」作りが流行しているという。その「お墓」から子供たちにだけ感じることのできる樹木が生えてくる。樹木が生えてくるとき、子供たちと建物が宙にジャンプし、着地する描写はまさに大地のノックであり、跳躍と着地には、重力の”重さ”を感じさせる描写である。

○「まばたきの祭典」
一千年に一度、全ての人が同時に瞬きするという。その時、人の核が空に開放される。開放された人の核が、空に舞い上がる様子は、透明感と浮遊感に満ちた、魂の世界を思わせる。

○「上方漫遊記」
 須藤の大阪旅行体験記。通天閣や当時開館間もない海遊館、黒門市場などの名所や、串カツ、ねぎ焼き、関東煮に入っている、”さえずり”という鯨の舌といった大阪特有の食べ物の話題がイラスト入りで紹介されている。須藤の目を通して描かれた大阪のイメージが印象深い。

○「ゆずの縄張(シマ)より」
89~91年間に、雑誌連載された、須藤真澄と飼い猫の「ゆず」との生活をコミカルにつづったエッセイ風作品をまとめ、単行本用に描き下ろしを加えたものであり、後の『ゆず』等に続く、猫マンガの作風を確立させた作品群だといえる。各エピソードからは、須藤とゆずとの「時間の枠」の重なりを感じさせてくれる。ゆずの描写について、初期では目が大きく、ひげの表現があったが、次第に小さな黒丸の目になり、ひげが省略されていくなどの、須藤の猫キャラクター作画パターンが確立するまでの過程がみられ、彼女の猫キャラクターデザインに対する試行錯誤を通して、須藤とゆずとの間で育まれていく、互いの愛情や絆が垣間見られ、心打たれるシリーズとなっている。

☆傷だらけの天使:本書初版発行当時の、ゆずの写真集(モノクロで掲載)
☆かいかいねこ・よわむしねこ:外から帰ってきたゆずが運んでくる蚤に、須藤は悩まされる。
☆はぢのうわぬり:須藤と『コミックボックス』担当(雑誌掲載当時)とのやりとり&ゆずが捕ってくる小動物について。「子午線を歩く人」の予告入り。
☆エリザベスさまの休日:ゆずの体に脂肪のおできが現れたため、入院・手術をすることに…。年末の仕事を終えて、安堵していた須藤に、ゆずの入院は非常に気がかりであった。手術後、ゆずは患部をなめないための器具・エリザベスカラーをつけて退院した。このとき、須藤にとっての心の休暇がやっと始まったのであった。ゆず不在に対する、須藤のショックと不安の描写が読者の心に響く。
☆改造計画:『コミックボックス』編集部は、作画ペースの遅い須藤の性根を叩きなおすため須藤家の環境を改造しようとするが、須藤は意外にも編集部の工作活動を巧みに(?)かわしてゆく。エッセイというよりは、作者自身を主人公にした、コメディ作品の色合いが強い。また、この回には、ファンタジー短編・「雪魚の棲処」の予告が入っていたが、単行本への収録は、2004年の『マヤ』まで待たねばならず、長い間幻の短編となっていた。
☆ジャイアントボロ:須藤の家に全身傷だらけのノラ猫が迷い込んできた。須藤はその猫 を”ボロ”と 呼ぶが、ボロは、勝手に家の中に入ってしまう。だが、ゆずが嫉妬してしまったので、須藤はボロを追い返さねばならなかった。
☆Home,Sweet Home:ある夜、ゆずが外出したまま帰ってこない。不安に駆られながら須藤は一夜を明かす。翌朝、須藤が目を覚ますと、家から追放したはずの、あの”ジャイアントボ ロ”の姿がいた。午後になって、右後足を負傷したゆずが戻ってきた。ゆず失踪の原因は、舞い戻ってきたボロとのケンカに負けて、家を追い出されたためであったのだろうと須藤は推測する。ゆずの傷はボロの持っていたであろう雑菌のため重く、一週間の入院が必要となった。須藤はボロの侵入を許したことを反省しつつ、ゆずに対する愛情を一層強めるのであった。

作品:『天国島より』 1992年2月、河出書房
      同新装版 1999年5月、河出書房

                                                 (文中敬称略)
[PR]
by konlon | 2007-10-28 23:36 | マンガ