パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

「野菜嫌い」にかける言葉

前回の記事で、野菜嫌いに関係することを述べてみたが、もし子供がこんな質問、意見を言えばどう応えるか?

1:ライオンなどの肉食獣は野菜を食べていませんが健康です。それはなぜですか?ライオンさんがうらやましいです。
2:北極圏に住むイヌイットはどうして元気なのですか。あそこは寒冷地で、野菜ができない土地だと思います。野菜を食べないのになぜ健康でいられるのですか。

難しいかもしれない(笑)が私はこう答えるだろう。

1:ライオンやトラなどの肉食動物は、自分の体内でビタミンを作ることができます。そのため健康でいられるのです。残念ですが雑食性の人間(霊長類)は自分でビタミン類を作れません。食物摂取しか方法がありません。あなたはライオンではないのだから無いものねだりはやめましょう。野菜を好きになるよう務めなさい。
2:イヌイットはトナカイやアザラシなどの動物の肉を食べますが、火を通して煮たり焼いたりはしません、全て生で食べます。生肉にはビタミン類が含まれており、煮たり焼いたりするとビタミンなどが壊れてしまうので、生で食べるのです。また、彼らは野菜や果物がとれる地域の人たちと交易しており、外部から来た人の持ってきた野菜や果物類を、イヌイットたちがとった肉類と交換しています。こうしてイヌイット達は生活に必要なビタミン類を補給しているのです。あなたは彼らとは違う地域に住む人間です。あなたたちはここで生まれここで育ったのです。この地の環境に即した生活を送っているのです。自分達の住む地域を大切に思い、そこの身近な食習慣を大事に守なさい。今あなたは彼らのように生肉を毎日食べられますか?

と答えるだろう。ある程度的確かもしれないと思うのだが。だがこれでは味覚パターン改善の問題には対応していないけれど。
肉が好きで野菜が嫌いな子に
「野菜がイヤなら肉だけ食べていてもよろしい。でも北極圏のイヌイットたちがやっているように全部生で食べなさい。彼らはこのようにして野菜の代わりにビタミンなどを補給しているのですから」
と言って生肉を彼(女)の眼前に置いてみたらどうだろうか。きっと子供たちは野菜のほうがマシだよ、と言って多少まずくても野菜を食べる気になるであろう。一種のショック療法として効果はいかほどのものか。

それはさておいてここでお知らせ、10/30(日曜なので実質は31日だが)発売の、竹書房刊『あにまるパラダイス』最新号に須藤真澄先生の「ゆずとまま」最終エピソードが掲載される。先生の飼い猫・「ゆず」の最期を詳細に描いた「長い長いさんぽ」の感動から数ヶ月、形を変えて見守り続ける"愛するもの"と新たに迎える"愛するもの"とが展開するであろう、今号の内容からは、一つの「物語」の終わりと新たな「物語」の始まりを予感させ、読者の心を大いに震わせることになるであろう。これぞ「ゆずファイナル」だろう。心震える瞬間をこの胸に。
[PR]
by konlon | 2005-10-31 01:15