パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

ロックの日2011だから…

本日6月9日は、「ロク」の月の「ク」の日で「ロック」という語呂合わせなので「ロックの日」といわれています。
R&Bをルーツに持つロックンロールは、大衆文化から生まれて、激動の時代であった二十世紀の荒波を乗り越え、今やCDショップやMP3オンラインストアの花形として、現代音楽文化のいち主流として、日常生活の一部に溶け込んだ音楽ジャンルといえます。

ロックの日には、ビートルズからクイーン、トッド・ラングレン、そして忌野清志郎といったスーパースター達の名曲を聴きながら、短くも深いロックンロールの魅力豊かな歴史を再確認しましょう、という趣旨なので、本日はできるだけ多くのロックを聴く日です!つまり、いつもより多くロックを聴ければそれだけ幸せな気分になれる、ということでしょうか。



さて、ロックの日ということで、ロックンロールに因んだオリジナルストーリーを即興で作ってみましょうか…。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

『軽楽戦隊ジョーマイン』でも夢想してみましょうか…。少年少女バンドがスーパーヒーローみたいなこともやってるというような設定で。

時代は21世紀初頭、女子高校生の「アリタ・キイ」は、ロックファンでガチのレコードコレクター。ある日、彼女
は予約していた中古レコードを取りにいく途中、正体不明の怪人と遭遇。襲撃を受けるが突如現れた謎の2人組に助けられる。

キイを助け怪人を撃破した2人組は、高2と中2の姉妹「ミィ」と「マイ」であり、イロモノコミック系バンドを使って世界の音楽界を邪悪とカオスのマインドパワー・「ジョークフォース」で征服しようとする闇の組織「ポンチャー」の侵攻に備えて、超国家的安全対策機構「今仁(ナウジン)」によって創設された特殊戦闘部隊「ジョーマイン」のメンバーとして、ポンチャーの怪人「笑歌人」の探索・撃退および戦力強化のためのメンバー探しを続けていたのであった。

ポンチャーと世界の危機を知ったキイは、始めは戸惑うも、ロックを愛する人々の笑顔を守るため、正当ロックを再興し世界平和を建設するため、そしてイロモノでない正当なロックこそ世界共通の平和理念であることを再び世に示すため、メンバー加入を決意する。その後、キイの同級生で元ドラマーの「ルン」をメンバーに加え、ジョーマインは本格始動した。

ジョーマインは、表向きはロックバンド「スイートエッジ」として活動しているが、ポンチャーの差し向ける笑歌人を発見しこれを対処する際には特殊強化スーツを着用して「マインカラーズモード」に変身して笑歌人と戦うのである・・・。

ポンチャーとは、人造合成生命体「イカルス・ポンチ」を首領に、イロモノ音楽から発するジョークフォースの歪曲のエナジーで、世界を悪意に満ちた混乱の時代に変えようとする国際的非合法組織であり、作戦用に合成された笑歌人を使って、一般社会の内部から改変行動を開始した。
ジョーマインのメンバーは、ロック演奏によって増幅された「アースソウル」をエネルギーとして、各種パート別の楽器型サポートマシンを駆使して、ポンチャーの笑歌人をサーチ&デストロイするのである。

正当ロックによる世界人類の幸福(しあわせ)とハートを守るため、ジョーマインは日夜闘い続けるのだ・・・。


まあ、こんな感じかな。主人公のキイはジョーマインの「マインロート」となって、バンドではキーボード&ヴォ
ーカルとして活動をするのだが、ズブの素人だから1から始めることになる。彼女はバンド活動を通じて、最
強のアースソウルを持つ天才的素養が開花して、最終的にはポンチャーの首領とに対抗できるスーパーマインドを発動する…。
ミィは「マインブラウ」でギター、マイは「マインピンク」でベース、ルンは「マインゲルプ」でドラムを担当し、途中で「トモ」(男子小学生)が新メンバーとなり、「マインシュバルツ」として、ギター担当として加わることになる。こうしてストーリーにアクセントがついてきて(のはず)一層盛り上がるのかな!?

ポンチャーの笑歌人は時々「笑角獣」に変身・巨大化するので、それに対抗するための合体ロボも一通りは用意されているはず…。操縦は楽器演奏で操縦し、必殺技「ホットロッカーシャウトクラッシュ」で笑角獣に止めを刺す。メンバー各パートの楽器型のメカが合体して、巨大ロボ・「マインジョン」となるのが基本だが、途中でメンバーが楽器パートを変更するのに伴い、強化パーツとしての新メカが加わることとなる。

ストーリーの展開は、ポンチャーとの戦いはあってもそう多くはなく、基本バンド活動がメインで少々ユルユル寄りなストーリーが続いていくのだが、終盤では敵味方キャラによるハードなドラマの比重が大きくなり、感動の最終回を迎えるはず…。

まあこんな感じイイかな、ロックの日オリジナルストーリーの概要は・・・。

「軽楽戦隊ジョーマイン」、くだらない思いつきでしたが、ロックの日との連動ということで、一気に語ってみました。
[PR]
by konlon | 2011-06-09 15:33