パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

オリジナルオムニバス・迷曲セレクション

記憶のはるか深層に眠る、埋もれた「迷曲」を照らす試みとして、「迷曲セレクション」のパーソナル・オムニバスの構想を立ててみた。何分”迷”曲というだけに流通の少ないCDからの選曲になっていることをご了承願いたい。どこかで聴く機会があったときに、こんな曲だったのかと思い出す参考にでもしてほしい。


 1 旧約聖書/アダムス
 2 昭和二世/ザ・イーグルス
 3 青春ゴーゴー/ザ・イーグルス (口上:松島みどり)
 4 たにしどの/大場いたる
 5 俺は花の演歌歌手(どさまわり)/鹿村浩司
 6 アメニモマケズ/サラ&メロディ
 7 蒸気機関車/金玉(こんぎょく)
 8 アトムの夢/高野寛
 9 NIPPONのサザエさん/嘉門達夫
10 ぽってーかすじじぃの唄/ティダカンパニー
11 子持ギャル/ティダカンパニー
12 パパはメキシコ人/神谷勝也、ドン・神谷
13 勇気のしるし~リゲインのテーマ/牛若丸三郎太
14 カローラⅡにのって/小沢健二
15 天国からのお迎え/スカイ・ホークス
16 ガオー!はキングコングの合い言葉/子門真人
17 ペチャパイ/ブリーフ&トランクス
18 ブルマン/ブリーフ&トランクス
19 ナチュラル~別バージョン/三倉茉奈、三倉佳奈、菊池麻衣子、岩崎ひろみ 
20 もしも世界にタヌキがいたら/ユミ
 


1:オープニングとして、カルトGSの中でも荘厳さにあふれた本曲を使用してみた。
2・3:イーグルスのデビュー・シングル(1968)。当時のアングラブームに便乗して、早回しを導入している。'60年代後半の世相が歌詞に織り込まれており、”あの当時”の空気が曲中に再現されている。
4:大場いたるは、1945年生まれで、1969年のデビュー以来、民謡歌手として活動を続けているという。俗謡を元にして、タニシの夢想漂う過酷な運命というべき内容の歌詞をざらついた、土着的なビートに乗せて歌い上げている。これが日本庶民のグルーヴというものなのか。
5:BC級演歌歌手の実態を歌っており、ドサ回り興行やインディーズレコード持ち込みといった華々しくない活動の数々、一発当ててディレクターを見返してやると意気込む主人公や肩身の狭い状態を嘆いて来年の紅白をねらってという娘の台詞に、痛切な歌手の本音が感じられるようである。本当に芸能界で成功する確率というのは恐ろしく低いのだろうか。スターの条件とはルックスか?歌唱力か?演技力か?あるいはロバート・クローズ監督版の『死亡遊戯』(ブルース・リーの登場しないパートで)の地下で暗躍する芸能シンジケートのような、(汗)何か見えざる手によるもの仕業なのか。
6:サラ&メロディは、アメリカ人の父と日本人の母をもつサハラ文子フィゲラとポルトガル系アメリカ人の父と日本人の母をもつスー・メロディのデュオ。ファンクで歌う宮沢賢治の名詞は、文学を超えた異様なまでの魅力を放っている。
7:金の玉、と書いて“こんぎょく”と読む。”××たま”ではない。このコンビ名にして曲名が「蒸気機関車」、男の中にある”何か”を刺激させてくれるぜ。
8:『虹の都へ』がヒットする以前のアルバムに収録された、確かな光を放つ実力派ギタリスト/ミュージシャンの社会派ソング。核問題を朗らかに唄い上げ、あの名ロボットが原子力で動いていたという設定を改めて聴く人の意識に戻す。背筋に何かを感じて…。
9:’90年代初頭の名著『磯野家の謎』のあおりを受けて生まれたであろう曲。『サザエさん』に関する話題をギャグ化しているが、その裏に込められた『サザエさん』へのリスペクトが感じられ、嫌味を残さない。あの名著をいち早く曲に取り入れた嘉門達夫の着眼点とセンスはさすがと言いたくなるような逸品といえよう。曲中には名著『磯野家の謎』のデータがアニメ版のデータに混じって使用されている。
10:沖縄のローカル番組『じゃか2ALIVE』(2は二乗の意味)の中で、その制作過程が紹介されたという。しかし地元のそうした事情は知らなくても、沖縄生まれのコミカルソングとして充分楽しめる。
「ぽってかすー」:直訳は難しいが、沖縄方言で「頭が弱い、知恵が足りない、非常識な奴、」をさすが、同じ”fool”の意で使われる「ふりむん」が「馬鹿たれ」のニュアンスを持つのに対して、「ぽってかすー」は「おばか」程度の意味合いである。なお、歌詞中に出てくる「カジマヤー」は沖縄地域における、97歳の長寿祝いのことである。さすが長寿の島。
11:沖縄民謡風サウンドに、育児エッセイマンガのような内容の歌詞を組み合わせた本曲は、聴く者の心を日常の狭間から出現する不思議空間へ誘い込む。ちなみに本曲でただ今一児の母と歌った、ボーカル担当のYukkoは現在三児の母になってしまった。
12:短足肥満で陽気、ギターを抱えて歌い踊る我が家のパパをメキシコ人に例えて、ラテン風音楽に乗せて紹介。子供の純朴な観察眼がメキシコへの憧れを駆り立て、ソンブレロの先に見える空に、はるか彼方の異国を想う。  
13:50万枚のセールスを記録したドリンク剤のCMソングであり、CMに出演した時任三郎が「牛若丸三郎太」の名で歌っている。発表からすでに10年以上経過したが、この10年で世の中は激変し、人々は戦意高揚的なものより癒し系の楽曲をCMソングに求めるようになった。そういう意味で、この曲は発表された当時の”時代”を保存しているといえよう。
この当時24時間、はるか世界で”戦える”存在といえば、ジャパニース・ビジネスマンとアメ   リカ合衆国陸・海・空・海兵隊4軍ぐらいだったのかもしれない。
ちなみに”牛若丸”三郎太こと時任三郎は、その後1993年のNHK大河ドラマ『炎立つ』にて、弁慶の役を演じ、またコミックソング的イメージを持った「マツケンサンバⅡ」が近年大ヒットした松平健が2005年大河ドラマの『義経』で弁慶役を演じたことは、今思うと時代の皮肉と奇妙な運命を感じさせる。
14:佐藤雅彦・内野真澄作詞、内野真澄作曲といえば、1999年の春期ヒット曲『だんご3兄弟』を連想させる。本曲が発表された当時、一串三個の団子を食べながらカローラⅡに乗っていてもそこまでは予測できなかったであろう。
15:『帰って来たヨッパライ』のアンサー・ソング。間奏のせりふは高橋元太郎。脱力モノの最低アイテムとか、生殺しC調ソング(死語?)とかいう声も聞かれる。バンド名の「スカイ・ホークス」になぜ「スカイ」が付くのかは謎。スカイホークといえば、映画『トップガン』で教官の飛行機として登場した、軽ジェット攻撃機の傑作、ダグラスA-4スカイホーク艦上攻撃機が連想されるが。
16:1976年のリメイク版キングコングの公開にあわせて『おはよう!こどもショー』枠内で発表
された。キングコングの日本旅行をイメージさせる歌詞で、子門真人の歌唱もノリに乗ってタイアップにとどまらない大胆不敵さを放っている。手狭な太平洋のプールから東京タワーのすべり台、相撲取り顔負けのしこを踏み、富士山を枕に高いびきと豪快な日本旅行を満喫するするコングの姿にただ圧倒。でっかい事はやっぱりいいのだ。恥ずかしがらずにみんなで歌おう!?
16・17:ブリーフ&トランクスは、伊藤多賀之(Vo、G)、細根 誠(Vo)のデュオ。1993年結成。半径5メートルの日常を歌う独自のスタイルで音楽界に新風を巻き込む。あまりにもストレートな歌詞は、恥ずかしさに満ちた遠き過去の記憶を脳神経の書庫から呼び覚まし、人々の意識を過去から喜劇の世界へと運び去る。
19:NOKKOが歌うNHKテレビ小説の傑作『ふたりっ子』の主題歌を、主演のヒロイン達がカバーした芸能史に残る名(迷)曲。三倉姉妹による間奏のセリフは、ドラマ序盤のエピソード・”姉妹入れ替り”場面の時のものだ。これはまさに貴重な一曲といえるであろう。
20:秘蔵迷曲セレクションのラストは、TV番組『なるほど!ザ・ワールド』純正のエンディングテーマで締め括ってみた。無邪気に歌われるあまりにもワンパターンな内容のお国柄(日本人の大衆的な観念で見た所の)は、ある種の笑いを越えた何かを感じさせる。また”赤い”タヌキ(緑ではない)のソビエトなど今となっては時代を実感させる歌詞が歴史的重み(?)を醸し出す。
[PR]
by konlon | 2005-10-11 15:34 | 音楽