パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

『萌葱』

『萌葱』
 -ますびファンタジー・ザ・ベストPart1-

    ●kongdra(空・ドラ)


 人間世界で営まれる、何気ない日常の盲点を縫うように、異界の者たちがこの人間世界に訪れる…。ファンタジーマンガ作家の須藤真澄は、異界からの来訪者に誘われて、日常から異界、そして再び日常へと帰っていく人々の小さな「物語」を、「少女」と「老人」のキャラクターを用いて叙情豊かに描き出し、それらのキャラクターとトーンワークを駆使して描かれた背景とのハーモニーによって、ソフトロック的なグルーヴを醸し出し、読者の心に余韻を感じさせるのであった。
COMIC BOXの「ピュア・ファンタジー・ゾーン」に始まる、須藤真澄のファンタジー短編は、ファンタジー作家・須藤真澄の異界観および人間観が表出された作品群として、コミックビームの「庭先案内」を経て、「庭先塩梅」シリーズが現在継続中である。
今回、須藤のライフワーク的存在となったファンタジー短編の新シリーズ、「庭先塩梅」の開始にあたって、『庭先案内』2巻までの過去の単行本から、須藤本人の作品セレクトによるベスト版が登場した。作品の中でストーリーの中核に用いられている「少女」と「老人」の各モチーフごとに分けた二巻構成で、少女を象徴する「萌葱」、老人を象徴する「梅鼠」のカラーコンセプトが取り入れられている。この二冊には、'80年代から'00年代半ばまでの、各時代の須藤ファンタジー作品が集められ、「ますび」こと須藤真澄の約20数年の歴史も味わえる逸品として、須藤ファンタジー入門編としての性格も備えている。
今回は、「むすめ(少女)」を物語の主要人物として描いた、『萌葱(もえぎ)』編収録作品の紹介をしておこう。


『萌葱』
コンセプトカラーは日本画で使われる『萌葱』色。草木が若々しく育つイメージで、「むすめ」の発展性を神秘的に象徴している、と共に昨今の「萌え」系キャラクターの存在に対する、須藤真澄のアプローチであり、回答とも考えられそうだ。

○「天国島より」
主人公の小桃(シャオタオ)は、天国島と言うべき、永遠の時を生きる人間と竜の住む島に住む少女。彼女は15歳を迎えた時に受ける「儀式」によって永遠の生命を得ることになっていた。
しかし、姉の付き添いで島の薬を市場に卸しに行った時、その市場に心を惹かれる。小桃は限りある「時間の枠」で生を過ごす市場の人々を目にし、彼らが生き生きしていたことに驚嘆した。限られた時間の中でこそ命の密度を濃くできるのではないかと言う竜の言葉に共感し、市場で暮らすことを決めたのである。不死は生きていることにならないと思う姉と、三千世界全ての空にも憧れる空がないと思う竜の下心も小桃の心を動かし、彼女に時間の枠の中から大切に思う気持ちが「天国」であると思わしめた。
異世界の掟に従って生きる事を運命付けられた少女が、人間世界に触れる事で自分の存在を振り返るというストーリーで、仙人のモチーフを取り入れた中華的イメージが神秘性を際立たせている。異界の住人視点で人間世界を客観的に見つめる設定かたは、命の密度というものを考えさせてくれる。

○「It's a small world」
 女子学生の少女が目覚めた所は、塀で囲まれた、円形の家の中だった。その部屋は可愛らしい壁紙が貼られていて、見知らぬおじさんやおばさん、老女が同居していた。
少女は戸惑うが、友人の飼っていた犬・「エダマメ」の姿を認め、家の正体と自分の状況を知るのであった。そして、ふるさとに還るための"お迎え"が塀を破って現れる。少女たち家の住人たちは"お迎え"に乗ってそれぞれのふるさとに還っていくのであった…。
人々の心の中に生き続ける"個人"をテーマにした作品であり、各人の記憶の中に「存在」として認められる人々や生き物を、"家(イエ)"のモチーフで表現している点が目新しく感じられる。巨大な提灯飾りをアオリで見せたり、"お迎え"が戦車のように塀を破って出現する超現実的なビジュアルイメージが、動的な迫力でもって静的な"家"のイメージと好対照をなしている。本作発表前に須藤の飼い猫が亡くなった経験が反映されたであろう物語設定により、"生と死"を描いてきた須藤作品の中でも特に際立った印象を与えている。
なお、It's a small worldというアトラクションがディズニーランドにあり、TDLのものが『おさんぽ大王』でも紹介されていたが、このアトラクションがタイトルの元になっていた事も推測される。

○まばたきの祭典
生き物の瞬きが、種ごとで一致する時があるという。少女は猫からその事を聞き、一千年に一度だけだという、全ての人間の瞬きが一致した瞬間を目の当たりにした。"一瞬"というものをテーマに、全人類が同時に行うという低確率の事態が招きよせる、神秘的な「異界」を空のモチーフで浮遊感豊かに描き出している。

○「天狗―あまつぎつね―」
少女は立ち入り禁止の山に足を踏み入れ、山の中で天狗に出会う。天狗は死者の魂を木の養分に変え、花を咲かせ、果実を実らせる。果実の中で育った勾玉形の種は、「この世でいちばんいいもの」だと天狗は言う…。死者の"魂"の再生を、山と樹木のモチーフで描き、『アクアリウム』に代表される水のモチーフとは違った、須藤真澄のもう一つの死生観、生命観を見ることができる。

○「メッセージ」
 妹は最近、毎晩無意識に謎のメモを残す。その謎を解き明かすため、眠っている妹を姉は見張ることとなる。そして姉は、妹の耳から"七福神"が出現するのを目撃した。海外に出ている両親へのお守りとして、姉の描いた七福神に恵比寿の絵を描き忘れたことを知らせるため、七福神は妹の夢にアクセスしたのだという。須藤が関心を寄せている、大阪を舞台にした作品であり、上方漫才を思わせる姉妹のやり取りには、姉妹の仲のよさが強調されている。この作品は上方芸能的イメージが好評だったらしく、『アクアリウム』や『振袖いちま』に続く、新たなダブル主人公ものとして、後に大阪市在住のこの姉妹が関西地方で活躍するエピソードが、「庭先」シリーズ枠内で描かれる事になる。

○「早苗と青い子供」
少女早苗は、ふとしたことから河童に出会い、「河童の国」に案内される。村の子供たちの守り神として、一人に一匹ずつ河童が生まれるのだという。河童は十年後に子供の成長を見届け、死んでいく。水中の低重力感が感じ取られる「河童の国」の描写は、後の『アクアリウム』に連なる魂の世界の一形態が描かれ、注目される。作品には透明感があふれ、自らの宿命を受け入れて生きる河童の、切なく、悟りにも似た表情が読者の心を打つ。主人公が過ごす空間として、茅葺き屋根の民家など、一昔前の農村の風景を選んだ事も、作品の透明感をいっそう際立たせている。

○「天のおさる」
 世界一高い山の頂上にある、大木に住んでいる一匹の猿が下界に降ってきた。街に出稼ぎに来ていた娘は、偶然その猿と出会う。娘は、里帰りの際、同時に猿を住処に帰すことになった。
須藤の好きな国の一つであり、数回足を運んでいるネパールをモデルにした、異国情緒豊かな短編。で作品中に登場する猿のデザインはマスコット的であり、猫のキャラクターとはまた趣の違った、須藤のたようなデフォルメ感が多分に発揮されている。

○「真夜中のみいさんはあさん」
 ある猛暑の夜、下宿の女子学生(?)は旅行のため地球に訪れた宇宙人の一団に出会う。彼等が残していったリモコンは温度調節機であり、その効力は地球全体の気候を大きく変えるほどのものであった。須藤作品には珍しい、「宇宙人」が登場する短編であるが、宇宙人の素顔を見せない点に、隠された異界というものに存在感を与えている。"熱帯夜"をモチーフにして、宇宙人と地球人との、認識のギャップが引き起こす超常現象がテンポ良く描かれていて楽しい作品である。作品中のほとんどの場面において描かれた、主人公である女子学生の体表に浮かぶ汗の表現は、彼女の肉体が感じた"湿度"というものを、須藤のキャラクターデザインによって、あまり不快になり過ぎない程度に、読者の皮膚感覚に訴えかけるようなイメージを与えている。

○「コーヒー・カンタータ」
女子学生は公園でコーヒーポットを持った男と出会う。男の注いだコーヒーを飲んだ女子学生は、男の過去と未来を目の当たりにした。男の夢の中だというそのビジョンを通じて、女子学生は現実世界で生きる意味を思うのであった…。「コーヒー」と「夢」をモチーフにして、人の一生と転生、夢の世界と現実世界との相互関係を描いている。公園ののどかな雰囲気が、作中のコーヒーに味覚を感じさせ、作品世界への導入役として機能している点が興味深い。

○「天国のつづき」
「天国島より」の続編。この「天国のつづき」では、一歩進んで島の住人と島外の人々とのつながりが描かれている。小桃は島の薬を卸している漢方薬店で暮らすことになった。漢方薬店の主人は、島の長老格である「爺爺さま」をルーツに持つという。「つづき」では、人間は限りある時間の枠を、血族や大切に思う人たちとのつながりの中で重ねあって永遠の時間を紡ぎだしている事を主張している。難点を言うなら、読切短編のためか、作品世界での重要事項が、姉さんの台詞で表されているので、やや説教じみた感じを禁じえない。
永遠の時間を生きる「天国島」の住人の存在意味は何かと考えるにあたって、爺爺さまが神の位に昇格しようとしていた事や、爺爺さまと薬屋が重要な手掛かりではないかと思われる。また、爺爺さま一族の一部が島を離れた理由も、小桃のように限りある時間の枠に心を惹かれたからであろうと想像させられる。須藤真澄のファンタジー系短編作品は、絵を見て感じる、と言う点が強く、言葉での表現がたいへん難しいが、そこに須藤ファンタジーの真髄があるといえるのではないかと考えられる。

(文中敬称略)
[PR]
by konlon | 2010-12-16 00:00 | マンガ