パーソナル文化研究所・空琉館の情報誌的ウエブログです。


by konlon

娯楽作品の解説書としては傑作か 

 思想、思考、行動原理といった人の精神構成は,幼少期の経験が最も大きく関るとされる。'60年代以降に幼少期を過ごした世代には、TV番組の視聴経験が大きな割合を占めているようであるが高田明典氏の『アニメの醒めない魔法』は、'60年代から'90年代初めのアニメや特撮の人気作品を、心理学と構造主義の手法によって分析して、主に本放送時に視聴した人々に及ぼす影響を考察している。あらゆる読者層を意識した内容であるからか、少女ものに関する項目も充実しているが、巻末のあとがきによると、筆者の嗜好によるらしいところも見られ、この点はアニメ・マンガファンが思わずニヤリとなりそう。
 さて、本書によると、等身大変身ヒーローものでは、敵の組織は大人社会の暗喩であり、主人公の「変身」は大人社会に対抗するための、一時的な大人への「変身」であるととらえている。また悪の組織によって改造された主人公は、子供を助ける「良い大人」であり、そしてその深層には、子供の大人社会への反抗がみられるのだと考えている。『ドラえもん』では、ドラえもんは超越者、ひみつ道具は欲望を実現する科学の象徴であり、それを独占して問題解決を図るのび太は科学にひいきされる存在であるが、のび太は弱者であり、科学からのしっぺ返しにより戒められるため、ドラえもんの、のび太へのひいきは許されるのであると述べられている。娯楽作品には視聴者への禁忌と欲望の喚起と解消がその中に組み込まれ、視聴者にとっての現実での問題解決のヒントを彼らに示す。それが作品に人気を呼ぶのであると筆者はいう。だが作品の深層において引き出された禁忌と欲望、その解消は視聴者(特に幼少の)が無意識にしかも強烈に受けた影響は彼らの思考や行動を歪ませるのであるという。高田氏はその思考や行動を象徴的に「アニメトラウマ」と命名し、世代間の問題を解き明かす上での一要素として考えている。『ドラえもん』を観た者は、自分が選ばれた存在であると考えたりするような可能性があるというのである。筆者は娯楽作品中で引き出された禁忌の欲望を処理するための、虚構世界と現実世界との接点として、最終回が重要であると指摘している。虚構が虚構として完結し、「夢から醒めた」状況がなければ子供の心が歪み、好ましからぬアニメトラウマを助長させてしまうと筆者は考えている。アニメ(実写ドラマ)作品は「しっかりした最終回」をもつべきであり、視聴者に”醒めない”夢を見続けさせる魔法であってはならないと主張する本書は、娯楽作品が子供達の人気を呼んだ秘密を、心理学と構造主義の方法論を応用して解き明かし、必要な専門語の解説を交えながら、敬体で肩肘張らないような口語的な文体で書かれ、アニメ・マンガファンの好奇心を引き付けるだけでなく、教育関係者やアニメ製作者に向かって、子供たちの心に育まれた禁忌の欲望の解消をTV番組に求めている事実を認識させ、子供たちに感動を与え、悪影響を与えないような傑作を作って欲しいという願いが込められているように感じられる。初版から約10年経つが、口語長の文体や最終回の重要性を主張する点に個性がみられ、創作作品の解説書としては傑作の一つに数えられるのではないかと思われる。

君のアニメトラウマはどの作品から?

作品:『アニメの醒めない魔法』 高田明典 1995年、PHP研究所
[PR]
by konlon | 2005-09-26 00:21 | マンガ